はじめに

高齢者見守りのポイント

「何かあってからじゃ遅いから、ちゃんと見守り体制を作っておかないと」

と言っても、その「何か」が漠然としているのでは、何をどういつ見守ればいいのかもわかりません。高齢者の生活、特に一人暮らしの場合にどんなリスクがあるのか、何が大変なのか、具体的にイメージしてみる必要があります。

安否の確認

本人も、そして家族も一番不安に感じているのがここでしょう。一人暮らしのお年寄りの場合、急な発病や転倒などで起き上がることができなくなった時、外に助けを求めることができないまま長時間その状況に気付かれないままということもあります。

真夏にエアコンをつけず、熱中症になってしまうお年寄りのニュースもよく目にします。脱水症状になれば、そこから自力で救急車を呼ぶなども難しいでしょう。脳梗塞などの脳血管疾患では、少しでも早く病院に運び治療を開始することで、その後の回復状況も大きく変わります。

トイレの入り口や廊下など、日常生活の中で必ず利用する場所にセンサーを取り付けたり、電気ポットや照明などを利用した際にその情報がインターネット経由で家族に通知されるようなサービスを利用することで、何か異常事態が発生した際にセキュリティ会社のスタッフや離れて暮らす家族がそれを早めに知ることができる「安否確認」の仕組みが見守りにはまず必要となります。

緊急ブザー

転倒して起き上がれなくなったり、急に体調悪化した時などに家族にそれを伝える緊急ブザー。一般的なものは押すと電波の届く範囲内に置かれたチャイムが鳴って家の中の家族を呼び出すというものですが、今はWi-Fi接続して使うタイプのものがあり、それだとインターネット経由で離れた場所にいる家族のスマホに通知が届きます。

家の中や庭など、自宅のWi-Fi電波が届く範囲内での利用となってしまいますが、持病を持っている場合などには首から提げて常に持ち歩くようにすれば、トイレや風呂場などで倒れた場合にも外にいる人にそれを知らせることができるので本人も安心だと思います。

スケジュール管理のサポート

認知機能が低下してくると、スケジュール管理にも段々支障をきたすようになります。次に病院に行く日がいつなのかがわからなくなってしまったり、ゴミ出しの曜日なのに毎回忘れてどんどん溜まっていってしまったり。今日が何日で何曜日なのかという日時感覚がなくなってしまうケースも結構多いのです。

一緒に暮らしていたり、比較的近くに住んでいるのであればカレンダーに書き込んで、本人がすぐ予定を確認できるようにすることもできますが、遠方に住んでいるとそれも難しいですよね。そんな時には「オンラインカレンダー」と「スマートスピーカー・スマートディスプレイ」の組み合わせが便利です。例えばGoogleカレンダーに家族が親の予定を登録し、親が「OK Google、今日の予定は?」「今週の予定は?」などと話しかければ、その日の予定を読み上げて教えてくれるようにできます。

家電製品のコントロール

例えば電気ストーブがずっとつけっ放しになっていたり、真夏にエアコンをつけず熱中症になってしまうなどのリスク。これらは時に命にもかかわるものです。また認知症になると、ボタンがたくさんあるリモコン操作に戸惑い、時にテレビをつけるのにも苦労したりすることがあります。

こうしたことは、スマートリモコンを導入することで、遠く離れた場所からもスマホ経由でコントロールできますし、スマートスピーカーと組み合わせればリモコンを使わず音声操作でON-OFFできるので便利です。

防犯

高齢者だけが住む家は、悪意をもった人にも狙われやすくなります。とくに一人暮らしでちょっと認知機能や判断力が低下している場合には危険も高くなります。施錠も忘れがちになってしまっている場合には、防犯と見守り兼ねたネットワークカメラの導入やスマートロック設置で備えましょう。スマートロックなら、玄関の施錠状態をスマホで確認できますし、閉めることもできます。

またスマートドアベルがあれば、来客対応をスマホ越しにできます。リフォーム詐欺の飛び込み営業も多発しています。相手の言葉に流されやすくなっている高齢の親に替わり、怪しいセールスを撃退できます。

徘徊

徘徊と言うと、街中を目的もなくうろうろさまよい歩いているイメージもありますが、実際には病院に行こうとして外出したのに、途中でどこに行こうとしていたのかわからなくなってしまったり、ずっと以前の習慣がよみがえって親せき宅に行こうとしたり会社に行こうとしたり、だけどその場所に行くにはどうすればいいのかわからなくなってしまい、見知らぬ場所でパニックに・・・というようなこともあるようです。

なかなか外出を止めることは難しいもの。だとしたら、「知らないうちに外出していた」事態を防ぐため、玄関に開閉センサーや防犯兼ねたネットワークカメラを設置し、かつ必ず身に着けるだろう靴や杖、バッグなどにい位置情報把握のためのGPSを取り付けるなどする方法があります。もちろん本人がスマホを携帯してくれるのであれば、アプリで可能になります。

その他

スマートリモコンとスマートスピーカー/スマートディスプレイを設置し、家電製品や照明など音声で操作できるようにすると、身体が不自由になった高齢者にとっては座ったままでもできることが増え、生活がかなり楽になることがあります。さらに「エアコンをつけて」「電気を消して」といった指示履歴をネット経由で確認することもできますので、これも安否確認になります。

買い物に生協の宅配などを利用している高齢者も多いでしょう。毎週決まった曜日に食材を運んできてくれ、きちんと食事ができていることの確認にもなります。同様にお弁当や牛乳・ヨーグルトの宅配なども、安否確認と言う観点からも利用する価値があります。

-はじめに