はじめに

高齢の親の一人暮らしが不安になった時

久々帰省した時、目にした高齢の親の姿や言動に老いを感じショックを受けることがあります。

  • 歩いていても足がちゃんとあがらず、つまづきやすくなる
  • 手や腕の力が弱り、モノをすぐ落とすようになった
  • なのに台所で揚げ物をしていて、油満載の鍋をひっくり返さないか不安になる
  • 日中もカーテンを開けず暗い中でぼーっとしている時間が増えた
  • 「いつまでいられるの?」と同じ質問を何度もしてきて、その記憶が本人にない
  • 家の中がすごく散らかって混とんとしている
  • 家の中や庭先で転んで起き上がれなくなった話をされた

数日の帰省では気付きにくかった変化も、年末年始にちょっと長めの滞在をすると見えてきたりします。

「もしかしたら認知症が始まっているのかもしれない」
「転んで骨折でもしたら大変なことになる」
「一人での暮らしには限界なのかも・・・」

そう感じ始めた時に検討される選択肢はいくつかあります。

  • Uターン同居・・・子供のうち誰かが実家に戻り同居する
  • 呼び寄せ同居・・・子供が暮らしている家に呼び寄せて同居する
  • 施設入居・・・グループホームや特養などの施設に入居してもらう
  • 介護サービス利用・・・ヘルパー派遣やデイサービスなどの利用/既に利用している場合、その利用日数を増やす
  • 見守りサービス利用・・・警備会社などが提供する見守りサービスを契約し緊急事態に備えられるようにする
  • DIYで遠隔見守り体制・・・ネットワークカメラやスマートリモコン設置などのDIYスマートホーム化で、自前の見守り体制を構築する

Uターン同居は、親にとっては一番安心できる選択肢でしょうが、仕事や家族のことなどもあり簡単ではありません。呼び寄せ同居も、住み慣れた場所から離れることに抵抗感もあるでしょうし、施設入居も、本人がまだ危ういながらも家事をこなし一人でなんとか生活できる状態だと「共同生活なんて嫌だ」と拒まれてしまう可能性が大きいです。

介護サービスは、要介護認定をし介護度がついているのであれば、積極的に使うべきです。
例えばひとりで家事ができている場合でも、週1回の訪問介護ヘルパーを利用すれば、体調や生活状態の変化などにも気付いてもらいやすくなりますし、ゴミをまとめて出したりお米など重たいものを買ってくるなど、高齢の親では難しいことを代行してくれます。ただ介護度によって訪問介護ヘルパーやデイサービス利用なども上限が決まってきますので、それ以外の時間帯、親が誰の目も届かないところで生活している状態は変わりません。

同居は難しい。でも施設に入居するにはまだ早い。
だけど、転倒や急な発病など、何かあった時には速やかに気付いて対応できる体制にしたい。そして親が生活する上で不便なことなどがあれば、改善のためのサポートをしたい。

それが当サイトのテーマである「高齢者見守り」です。

方法は色々あります。ホームセキュリティ会社が高齢者のための見守りサービスを提供しています。また、ネットワークカメラやセンサーなどを設置して、遠隔でもインターネット越しに見守れる体制を作ることもできます。スマートディスプレイがあればいつでも簡単にテレビ電話ができますし、スマートスピーカーを使って薬の飲み忘れ防止の呼びかけを行うのもありでしょう。訪問介護ヘルパーやショートステイなども利用すれば、施設入居しなくても、親の生活を誰かが見守り、いざという時には連携してスムーズに対処できるはずです。

「今はまだ必要ない」

と考えている方もいるかと思いますが、子供の成長があっという間なのと同様、高齢者の老いも思っているより早いもの。一度の転倒・骨折をきっかけに、急激に状況が変わってしまうこともあります。

不安を感じたら、先手先手で動くことが必要です。

-はじめに